http://www.takamasa.net/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店長のアジア日記 その10
ミャンマー・バンコク・バングラデシュ出張中に日記を書いていましたので、プチ公開します。



2006年10月27日02:13
■バングラデシュ2日目

今回バングラデシュについてわかったこと、それは「人口密度世界一ってのは本当だった」。

bd03.jpg

停まっている車ではない。
板張りのボロ鉄橋を時速40キロで横断中である。
そう、鉄橋なのになぜか床は木の板が全面に敷いてある。
相当ガタが来ていて脆く、あちこち床の木が抜け落ちていて、真下に川が見える。
日本のゼネコンは絶対こんなの作らないよなー…と思っていたら、韓国某大手企業が作ったものだそうで。
その上を過積載のダンプやすし詰めバスが通り、これらが横を通過する度に床板がバキッと折れるのではないか…川に落ちるのではないかと背筋が凍る。
いずれにせよ冒頭の写真。
無茶だ、というか遠くに見えた時点でコントか何かだと思った。
何を涼しい顔で乗ってんねんと。実にシュール。
もちろん中もギュウギュウ詰め…ギネスに挑戦?
電話ボックスに何人入るか~なんてテレビでやってたが、まさか日常でリアルに取り入れている国があったとは。
さすがにミャンマーでもこんなに乗っちゃいなかった。



bd04.jpg

こちらもギュウギュウ詰め。
真ん中に密集しているのはチッタゴンの魚市場近くに係留されている漁船。
これ全部漁船。
チッタゴン港だけで1000隻以上はあるというから驚き。
その向こうに見えるのがタンカーや運搬船。
狭い川にこの数。
よくぶつからないで航行できるな、と関心。

動画UPしてみた。
・小船で移動
http://homepage2.nifty.com/sti/bd/fune.avi
・これでも安全運転な方
http://homepage2.nifty.com/sti/bd/drive.avi


明日はいよいよ帰国へ。
でもバンコクでトランジット12時間だから、帰国はあさってになるんだなぁ。
ちょっとアレだ。





※この日記はmixiでリアルタイム更新したものを帰国後に一部修正して公開しているものです。
※オリジナルを見たい方のマイミク歓迎

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
ちょっとあれって?
私も今日バンコクより帰国しました。
暑かったですね~、毎日35度
2006/11/20(月) 12:08:13 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
”アレ”の中に凝縮されているのは、
「トランジットが長いなー、どうやって時間潰そう。ラウンジにこもるのもそれはそれで飽きるし。あらら移動だけで丸1日以上かかってしまうな。あー、帰国したら書かなきゃいけない原稿があったからラウンジで書いてしまおうか」

など、様々な感情です(笑
2006/11/21(火) 09:44:11 | URL | おながわ通信 #4ph23zis[ 編集]
たしかに12時間はあんまりですね。
それにしても新空港は広かった、、、
喫煙スペースが少なくて探した探した、、
前にあったマッサージ屋さんも見当たらない、、、
市内からは何となく遠くなった(渋滞のせい)??
何かと不便でしたね。
2006/11/21(火) 10:12:52 | URL | 名無し #-[ 編集]
スワンナプーム空港は広すぎですね。
前のドンムァン空港の方がまだ使いやすかったです。
マッサージ屋さんもどこへやら…。
私が訪れた時はまだ空港のいたるところが突貫工事中だったので、この中のどこかがマッサージ屋に?と思っていました。
中心地から遠くの空港にして喜ぶのは高速道路の料金所とタクシーくらいなもんですね。
2006/11/22(水) 10:13:25 | URL | おながわ通信 #4ph23zis[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
バングラデシュバングラデシュ人民共和国(バングラデシュじんみんきょうわこく)、通称バングラデシュは、南アジアの国家|国。首都はダッカ。インドの東側に位置し、インド洋に面する。ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有する。ほとんどの国境はインドと接するが、一部ミ
2007/03/03(土) 16:36:11 | 国-ACCESS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。