http://www.takamasa.net/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女川町有志による『うみねこタイムズ』創刊!
高橋正樹です!

この度、女川町内の有志の皆さんによるミニコミ紙が創刊・発行されました!

その名も、

うみねこタイムズ です!


情報の内容は、

・ボランティア活動報告とお問い合わせ
・避難所の場所と避難者人数記載のマップ
・満潮時刻情報
・営業再開店舗情報

となっています。

発行 … うめまる新聞店さん
編集 … エンピロさん
製作 … ヤンヤンさん

お疲れ様です!


思えば3月11日の被災以来、常に「正確で有益な情報」の必要性を強く感じていました。

被災してからしばらく、女川町は口で伝わってくる不正確な情報と、見もせず振りまかれる様々な情報に振り回されてきました。

また、被災直後は日本のメディアに出回る被災地の情報は気仙沼・南三陸町・石巻ばかりで、女川の情報が全く出ていないこともラジオを通して知りました。

女川町で石巻からの携帯電波を拾う場所があると知ったのは3月17日です。

それ以来、私は毎日女川の被災状況をツイッター @takamasa_net から発信し続けました。

「あなたのツイートだけが女川から発信される唯一の情報です」

この言葉に、深い使命感を感じました。

「町の機能はどうなっていますか」
「女川まで道路は通れますか」
「○○さんは生きていますか」
「インフラはどうですか」
「必要なものはなんですか」

私からの情報発信に加え、様々なご意見や要望・質問に可能な限りお答えしてきました。

今も情報の大切さを痛感する毎日です。


また、被災から1ヶ月が経った時点で、各避難所間・在宅避難者間の「情報格差」がとても大きいことがわかりました。

そこで、これもまた被災者有志によって立ち上げ・運営されているのが 女川さいがいFM です。


最初は私の携帯電話1個で始めた女川町の情報発信。

情報の大切さを共感する有志の皆さんのおかげで、今ではラジオ・ミニコミと増えてきました。

心強い仲間と共に、絶対に女川復興を果たしましょう!

がんばっぺ女川!



↓うみねこタイムズです。クリックで拡大。

うみねこタイムズ

画像保存→B4印刷で原寸大となります。

今後も発行され次第、おながわ通信でアップしていきます!


テーマ:お知らせ - ジャンル:その他

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。