http://www.takamasa.net/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店長のアジア日記 その6
ミャンマー・バンコク・バングラデシュ出張中に日記を書いていましたので、プチ公開します。




2006年10月22日18:59
■ファンキーな仏像

気温40℃。うひゃー。

今日は日曜日。マーケットに魚も無いので工場もお休み。

とゆーわけでヤンゴン最大の市場「アウン・サン・ボジョー・マーケット」にぶらり旅。
ここは宝石やら仏像やら民族衣装やら土産物に事欠かない。

行ってみるといつもより派手な装飾が。
聞けば11月4日に仏教のお祭りがあるそうな。
で。
ボジョーマーケットのメインストリートのド真ん中にきらびやかな祭壇(仏壇?)が鎮座しておられる。

bojo01.jpg
↑ちょっと解りづらいけど、電飾仏像。

仏教なのにクリスマスツリーよろしくLED電飾ピカピカのブッダ。
この電飾ピカピカ仏像は、ミャンマーでは珍しくない。
きらびやかに飾り立てることで自らの信仰心を表すんだとか。
にしても、日本的な仏教の荘厳なイメージとかけ離れていて…未だに慣れない。

で。
その後ろには終わりが見えないほど装飾台が続いていて、実に様々なお供え物がぶら下がる。

bojo02.jpg
↑延々と。

お菓子・タバコ・石鹸・洗面器・お金(の目録)・お線香・殺虫剤・フライパン・タワシ・換気扇・ハエトリガミ…やけに生活感が。
てゆか、何でもあり。
うーん、お国柄ですなぁ。





※この日記はmixiでリアルタイム更新したものを帰国後に一部修正して公開しているものです。
※オリジナルを見たい方のマイミク歓迎



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。