http://www.takamasa.net/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
丸っこいのがいっぱいですよ。【ミャンマー通信】
お知らせ!


お歳暮のお申し込みはもうお済みですか?

年内ご発送分の最終受付日は、


本日締切です!


明日、12月22日(火)以降のご注文は、翌年1月3日(日)より順次発送となります。

ご注意ください!




    




というわけで。


こんにちは!店長@ミャンマー通信です


ミャンマーに来ている理由。

それはもちろん、


『出張』。


ミャンマー滞在中の費用・必要経費は全て帰国後に精算します。

必要なのはもちろん、


『領収書』。


ですよね。


 ・

 ・

 ・




ハァ。


経費として落ちるのかなー、


この領収書。


mm007_01.jpg
↑まるっこいのとか、クニョクニョしたのとか。


何が書いてあるのか、


こいなの全然わがんねーでば


ビルマ時代は旧イギリス領だったこともあり、

ミャンマーで買い物すると、大抵は英語表記の領収書です。

スーパーマーケットのレシートも英語。

なので、今までは問題なかったのですが…。


全てのミャンマー人が英語を知っているわけではなく。

英語を知らなければビルマ語の領収書になるわけで



ミャンマーに初めて来てから5年。

ビルマ語 の日常会話は若干わかるようになった私ですが

ビルマ文字 の読み書きはからっきしでございます


…数字くらいですかね、読めるのは。


ちなみに、なぜビルマ文字がこんなふうに丸っこくなっているかというと。

昔、ミャンマーでは文字を記録する媒体として、紙の代わりに

タラバヤシの葉という物を使っていました。

これが結構破けやすかったそうで

文字を書いてて葉っぱが裂けてしまわないように直線を使うのを避けたため、

こんな丸い文字になったそうです。


ちなみに、私の本名はミャンマー語で書くと、

myanmar_masaki.jpg

となります。

何が何やらさっぱりー


さあ。

とりあえず、何を買った時の領収書かは覚えているので。

まずは会社の経理担当者に、

ビルマ語を教えるところから始めます。







◆高政 冬の限定ギフト◆
↓送料込・税込のお得な詰合せはコチラ↓
banner_oseibo03.jpg
≪かまぼこギフト、年内発送は本日締切です!お早めに!≫



※blogram参加中!クリックしてね!
blogram投票ボタン

テーマ:出張日誌 - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。